*

貴方でも絶対受かる!子持ち専業主婦の宅建合格体験記~オススメ参考書と勉強法~

公開日: : LIFE

2016年度宅建試験合格した、実務経験なしアラサー専業主婦です。
子育てしながらの3度目の挑戦でした。

2016年は比較的問題が簡単な年だったようで、
合格点が高めの35点でした。

個人的には簡単だとは思いませんでしたし、
自己採点36点でギリギリだったので合格証が届くまでソワソワしていました。
無事合格し、ホッとしています。

S__7692302

先程も言いましたが、合格したは3回目での挑戦。
しかし今回、あまり勉強せずに合格に至りました。
(これホント)

というのも、2回目にガチで勉強したのに落ちたんです。
これでもかってくらい、知識を叩き込みました。

苦手な分野も潰し込み、完璧だ!!ってくらい勉強したんですよね。
予想問題もサクサク解けて、予想模試みたいな参考書でも合格点が取れて。
かなりの自信があったんです。

試験当日も周りの受験者を見て勝ち誇っておりました。
(うん、嫌なヤツ…笑)

が、
落ちたんです。

しかも惜しくもない得点で。
28点くらいだったかなぁ…

いやーー、ショックでした。
悔しくて泣きましたねー。。。。。

費やした時間、返せって思いました。
こんなに完璧に勉強しても受からないんじゃ、
一生受かる訳ないっっ!!
二度と受けるもんかって。

あ、体験談が長くなりそうなので、(汗)
オススメ参考書や詳しい勉強法が知りたい方は下の方にいってくださいね↓↓
(おばちゃんなんで、話長いです)

もしかしたら長いお喋りの中にも、
合格へのヒントが隠れてるかも!?なんて。
少しでも合格への希望になれば…という想いで書いているので、
無理なく読んでくれたら嬉しいです。

んで、冷静になってみると、
2回目の挑戦であれだけ勉強したにも関わらず
落ちてしまった理由は明らかだったのです。

まずはコンディションが最悪。
前日、緊張のあまり寝付けず殆ど寝ずに朝を迎えました。

そして試験当日も緊張し過ぎて吐きそうでした。
(勝ち誇っていたクセに…)
試験中はガクガク手が震えていました。
寝不足のせいもあって問題が頭に入ってこない。
何度も同じところを読んでしまう…
パニック状態でした。

「落ち着け~、落ち着け~」と心で唱えながら、
なんとか試験を終えましたが、
時間も足りず、きちんと見直しができませんでした。

でも、あれだけやったんだし、
きっと受かってるだろうと淡い期待。
(基本ポジティブ)

しかし、自己採点して撃沈…

全く勉強せずに臨んだ1回目よりも
点数が低かったと思います。

そもそも、私。いつもそうなのです。
過去を振り返ると試験にまぁ弱い(笑)

高校受験のときも緊張のあまり試験中に頭が真っ白になり、
レベルを落として受験した高校にも関わらず第一志望不合格…

大学受験のときも、センター試験でやらかしました。
バリバリの文系なのに
国語で200点満点中、40点台を叩き出すという…
(そこそこ偏差値あったんですがね。。汗)

うん、私っていつもそう。
試験で実力発揮できたことなんてなかった!

それならどんなに勉強したところでどうせ受からないんじゃん。
どんなに完璧にしたって何も意味ないじゃん。
一生懸命、努力したってどうせ当日パーにしちまうんだっっ!

もう無理無理無理、絶対無理っっ
ってなりました。
(強烈ネガティブじゃんっ)

もう二度と宅建なんか受けるものかと心に誓いました。
旦那さんにも、「もう絶対絶対、宅建なんて受けないからねーー!!」と宣言しました。

なのに、不思議ですよね~。
なぜ私は3回目を受けたのか…
(要は痛みを忘れるバカ)

まぁ、受けたにはうけましたが、
3回目の挑戦では、思い切って勉強するのやめました!!
勉強を開始したのも7月下旬くらい。
試験の3ヶ月前くらいでした。
それなら落ちてもダメージは少ない。

といっても全くしなかった訳ではないのですが。

今回(3回目)は過去問集を1冊さらっとやって、
暗記が必要な「法令制限」だけ重点的にやって、
直前対策問題集をやっただけ。
(参考書など詳細は後ほど!)

前年にしっかり勉強していたので、
これだけで十分だったようです。

ちなみに1回目に受験したときの話ですが。
息子がまだ1歳のときでした。
子育てと試験勉強の両立、やはり無理がありました。
だから次の年は受験をせず、子育てに専念しました。

そこまで宅建士を取る必要に迫られている訳ではないから、
今しかできない本当に大切なことに時間を使うべきだと感じたのです。

この選択は正解でした。
お陰でかけがえのない時間を過ごせました。

私と同じように、絶対合格しなければいけない事情がない方は、
別の大切なことに専念したほうがいいかもしれません。
そもそも試験に合格することって本当に必要ですか??
どうしても受からなきゃって意地になってたりしませんか??
(これ、私)

他にもやるべきこと、もしくはやりたいことって沢山あるはずです。
若いと気付かないけど、時間は限りあるもの!
そもそも宅建、本当に合格する必要があるのかって根本的なことから見直すのもありだと思うんです。

そもそも論になってしまいましたが、
これを機に考えてみて下さいね。
(って何様なの)

ちなみに1回目。
この時にやった問題集はたった1冊だけ。
よく、これ1冊だけで合格!的なのあるじゃないですか。
別冊でテキストも付いてるタイプ。
あんな感じのを1冊完璧にしました。
はっきり言いますが、あれね、やめたほうがいい。
今見返すと、中身、ペラペラ(笑)

全分野完璧にした私からすると、1冊で合格は無謀です。
運があれば受かるんでしょうけど…
仲介してもらうお客様側からすると、
薄っぺらい問題集しかやらないで、大した勉強もせず合格しちゃった人に宅建士を名乗って欲しくないですよね。

それに後々、専門的な知識がなく、社内や接客とかで困るのは自分ですし。
バリバリの営業マンなら、自分の為にもしっかりと勉強しておくべきだと思います。

こんな感じで、ザッと3回目までの体験談をお話した訳ですが。
くだらない話が長くてすみません…
これから参考書や勉強法について詳しくお話しますね。
(やっとだな)

その前にまず、私のスペックから説明しておきます。
(まだ雑談続くんかい)

前提にFP2級を持っています。
分野としては民法が被ってますかね。
なので、民法に関しては勉強がはじめてではなかったです。

でも、受かったのは5年以上も前。
(このときも3回目の合格だったな…)
で、内容は初級レベルの民法です。
宅建試験よりもはるかに簡単でした。
他にも容積率や建ぺい率とかの問題がありましたけど、当時は意味不明過ぎて捨ててました(笑)

また、公務員試験を受けております。
まぁ10年くらい前のことですが。
(この時も筆記試験ボロボロで落ちたなぁ)
ここでも民法を勉強してます。

なので民法は割と得意でした。
でも、宅建試験の民法って簡単か難問かのどちらかというか、
あまり差がでるところではない気がしています。

試験って1問目から民法じゃないですか。
あの1問目がいつも難問なんですよね。
試験問題を開いてすぐパニックになりかねないので、民法の難問は無視したほうがいいです!

民法が苦手なんだって方は、簡単な問題さえ解けるようになってれば十分だと思います。
深入りは危険です。

では、ようやく参考書について書きますよー!!

Sponsored Link

1回目の挑戦

先にもお話した通り、1冊で合格!的な問題集&テキストをやりました。
個人的にはお勧めしません
内容が薄過ぎるので、はっきり言って運がないと受かりません。
楽して受かる程、甘い試験ではない…!
誹謗中傷になっちゃうので参考書名はここでは伏せておきますね。
とにかく楽して受かろうとするのは結局のところ遠回りです。

2回目・3回目の挑戦

2回目の挑戦…ガチでやったろうじゃないの!!と思いまして、
4冊かぁ、、と少し萎えましたが、こちらの参考書を選びました。

「世界一おもしろいぶっちぎり宅建士 合格テキスト&過去問ベストセレクト」シリーズ
S__7692293

第1巻[宅建業法・その他法令編]
第2巻[法令上の制限・税・統計編]
第3巻[権利関係編その1]
第4巻[権利関係編その2]

この参考書、分かりやすいだけでなく、面白い
面白いってとこがポイントで、やはり記憶に定着しやすかったです。
でも注意したいのが、下ネタが結構多い…(笑)
特に女性で下ネタに不快感ある方にはお勧めできませんが、
基礎知識が全くない人への導入書として、
また、法令上の制限が苦手な人にかなりお勧めです!

こんな感じで付箋まで貼って…
無駄に頑張ってました。

S__7692310

ここまでやる必要はありませんが、
徹底的にガッツリやりました!

特にこの第2巻は超お勧め!!

[法令上の制限・税・統計編]
S__7692295

法令上の制限、苦手な方、多くないですか??

私、めちゃくちゃ嫌いでした(笑)
専門用語が多くて超が付くほど意味不明。
この分野捨てようとまで思ってました。

でも、最終的には一番好きになりました!!
むしろ得意分野。

苦手な人が多いからなのか、
問題が比較的簡単!
得点源として必須になってきます。

法令上の制限を制する者は宅建を制する。

です!!

この第2巻、とりあえず2周してみて下さい。
わからなくて全然いいです。
とにかく突き進んで下さい。
3周目辺りから徐々にわかるようになります。
5周目から、なるほど!!となってきます。
それ以降は、なんか楽しくなってきます(笑)

この第2巻は何十回も解きました。
わからない分野は説明文を何回も読みました。

ちなみに第1巻も何度も解きました。

[宅建業法・その他法令編]
S__7692294

宅建業を行う上で、一番大事な分野ですよね。
私はこの分野は好きなんだけど
なぜか得点が伸び悩んでいました。

実務経験がない私にとって
宅建業法は実務している人には敵わないし、
得意な人が多くて落とすとかなり痛い分野です。

宅建業法だけで7割をいかない方は
結構厳しいと思います。
7割採れる自信が付くまで何度も解くことをお勧めします。

そして絶対にやるべき参考書はこちら。

「本試験をあてる TAC直前予想 宅建士」
S__7692305

これは超必須参考書なので、
もう使ってるよって方は多いとは思いますが…

難易度や構成が本試験と似た感じで非常に良いです。
ただ解くのではなくて、
これを使って、試験の時間配分を考えて下さい。

合格の鍵を握る時間配分

私は10問を20分以内で解くよう
意識して取り組んでいました。

そうすると50問で100分になりますよね。
2時間(120分)の試験なので、20分余る計算です。

10問解き終わるごとに、時計をチェックして
20分以内でおさまっているかを確認して下さい。

10問→20分
20問→40分
30問→1時間
40問→1時間20分
50問→1時間40分

実際には10問を20分以内で解いているので、
仮に平均して18分で解けていれば、
さらに10分余りますよね。

1時間半で50問、
一通り解き終わっていれば占めたもの。

残りの20~30分で見直しと、
できなかった問題をじっくり解きます。

本試験が13時からなので、(注:2016年度試験現在)
実際に13時から取り組んでみたり、
時計を13時にセットして練習するのもありだと思います。

10問→13時20分
20問→13時40分
30問→14時00分
40問→14時20分
50問→14時40分

50問解き終えたときに14時30分前後でしたら
ホッと一息ついて、見直しに掛かって下さい。

試験当日、最後まで解き終えるまでは
時計を見るのはこの5回で十分です。

あと残り何分あるかと
目安もなく漠然と時計をチェックしたところで意味はありません
10問区切りで時間を確認するよう意識して取り組んでみて下さい。

この訓練をしていたお陰で、
試験当日も1時間半で解き終えることができ、
30分落ち着いて見直しができました。

またこの参考書の良い点は、
「直前つめこみBOOK」が付属してあるんです。

S__7692304

これが凄く使えます!!

これをノート代わりにして、
書き込んで使っていました。

S__7692309

宅建の参考書は大きくて重たいので、
持ち運ぶのにとても重宝します。

どんどん書き込んで、
この1冊があれば大丈夫ってくらいにして下さい。

3回目の受験で私が使用した参考書はこちらです。
新しく追加したのはこれのみ。
「スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12 (スッキリわかるシリーズ)」
S__7692298

こんな感じにバラになります。

S__7692299

とにかく必要最低限の勉強を意識していたので、
新しく買った本はこれだけです。

正直、この参考書は誰にでもお勧めという訳ではありません。
「世界一おもしろいぶっちぎり宅建士」を完璧にやっても
なかなか点数が伸びないという方にお勧めします。
難易度は割と高かったように感じました。

1周目、できた問題は×をしてもうやりませんでした。

試験まで3ヶ月しかありませんでしたから、
全分野を思い出しながら解き、
できなかった問題だけ2周、3周と解きました。
それでもわからないものは難問ということで無視(笑)

そして「世界一おもしろいぶっちぎり宅建士」の
法令上の制限(第2巻)を重点的にやりました。

あと私の場合、宅建業法も伸び悩んでいたので、
第1巻も割とじっくり目を通しましたが。

第3巻、第4巻の民法に関しては1、2周ほど目を通したくらいです。
暗記が必要な分野だけ重点的にといった感じです。

2回目にガッツリ勉強していたお陰で、
3回目はさらっと勉強しただけで
しっかり予想問題で合格点が取れるようになっていました。

なので、一度はガッツリ勉強してみて下さい。
それで私のように落ちたとしても
その年以降、確実に勉強が楽です。

先に2回目の試験がボロボロだったとお話しましたが、
試験問題を見てみると一目瞭然です。

不合格だったとき
S__7692311

書き込みからして私の焦りっぷりが見て取れます…苦笑

合格したとき
S__7692312

合格しているときは、やっぱり落ち着いて解けてる。
全問こんな感じの書き込みです。

見直したときに、問題中の書き込みがめちゃくちゃだと
無駄な情報が入ってきてミスし易いんです。

合格した年は、そこを意識して書き込みしました。

見直したとき、どこを理由に○×を判断したのかがわかるよう
印を付けるくらいがベストかなと思います。

または毎回、同じようにチェックを入れるとわかり易いです。
線を引くのか囲むのか、×をいれるのか○をするのか。

チェックのルールを決めておけば、見直しもスムーズにいきます。

見直ししたせいで間違えるとか試験あるあるですが。
そうならない為に、未然に防ぐ工夫をしてみましょう!

試験当日の過ごし方

開場可能時間には会場入りして勉強して下さい。
ただし、重たい参考書は不要です。
今更そんな分厚いものを試験直前に見るのはナンセンスです。
どうしても確認したページはコピーして下さい。(用途制限の表とか)
持ち込むのはノート代わりにした「直前つめこみBOOK」だけで十分です。

そして、試験会場前で配られている
予備校の直前チェック問題を出来る限り入手して下さい。
(全開場で配られているのかは不明ですが…)

S__7692303

こちらに書かれた問題や解説に必ず目を通して下さい。

各予備校が時間とお金を費やし、
研究を重ね予想問題を作っているのです。
それを無償で配っているという、なんとも有難い冊子です。

30分あれば冊子3部くらい目を通す時間は十分にあります。

統計問題は「直前つめこみBOOK」にも詳しく載っていますが、
当日配られたチェック問題だけでも十分太刀打ちできます。
試験が開始したら1番に解いてしまって下さい。

確か問45が統計問題でしたよね。
私はこれを1番に解いてから問1に戻ります。

この冊子はよくポイントがまとめられているので
試験直前に確認するのにベストです。

試験当日の服装

不合格だった2回目の受験では
お化粧もバッチリしてお出掛けスタイルで会場に向かいました。

そして合格した3回目の受験では
ノーメイク、眼鏡、頭ボサボサ、部屋着で受験しました。
緊張しないように、とにかく私はリラックスする必要があったから
なるべく普段と同じ状況で試験に臨めるようにしました。

女性限定会場だったで、男性の目は全く気にならないし、
会場内が暑かったので、堂々と上着を脱いで
ノースリーブ姿になったりしました(笑)

実は私、試験があるときは毎回、
女性限定会場を選ぶようにしているんです。

何故かというと、鼻がかなり利くので、
男性の汗の匂いとか体臭がダメなんですね…

そして女子校育ちということもあり、
女性だけの環境でテストを受けたほうが集中できるんです。
(女性限定会場が首都圏だけだったらゴメンサイ)

以上!!

 

かなり長くなりましたね。
最後まで読んでくれて嬉しいです。
少しは参考になったでしょうか…

貴方様が宅建試験を合格されますこと
心より応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

  • Name:楽天家ママ
    Age:アラサー
    Motto:ワガママに生きる
    Hobby:Eテレ視聴
  • ハートのステッキ

PAGE TOP ↑